読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっきーの雑記ー

プログラミングとかデバイス自慢とか

ムフフ簡易VRやってみた

この記事は、 PMOB Advent Calendar 2016 の 14日目 の記事です。


 どうも。アドベントカレンダーを埋めるべく、今回も書かせていただきます。
研究漬けの日々、結果の出ない解析、悶々とした僕はついに買ってしまいました。
f:id:jp-zacky:20161214013114j:plain

 Amazonのセールで安かったので買っちゃいました、簡易VRレンズ。

  
有名なのはハコスコってやつですね。
スマホで再生したVR対応動画をこのレンズを通して鑑賞することで、だれでもVR体験ができるというもの。

  
これの凄いところは、レンズの前後移動ができるのでピントが合いやすいっていうのと、1500円くらいなのに割と頑丈でよくできているってところです。
f:id:jp-zacky:20161214014525j:plain このカートリッジみたいなところにスマホを装填して、レンズ越しにスマホ画面を見る感じになります。
もちろん、レンズと眼の間には十分なスペースがあるのでメガネを付けながらでも装着OKですし、イヤホンを通す穴も用意されています。


 VRでおなじみ"HTC vive"のほうは機会がありまして、僕は遊んだことあるんですけど(自慢)
『VRカノジョ』をプレイしたときの衝撃たるや!!
  

「仮想空間で女の子とイチャイチャしたい」、男の子なら皆そう想い馳せていたはずなんですよ...

  

ムフフVR体験

ってことで『VRカノジョ』、予告編なら簡易VRでも見ることができるんです!!

 でも簡易VRじゃ空間移動できないんで、モノ足りないんですけどね。(積極的にHENTAI...したくないですか?)

  
妄想といえばこんなのも。

VR対応動画はYouTubeにそこそこあるんで、値段以上は絶対に楽しめるかと。

  

なんでかんだでやっぱりYouTube公式VRチャンネルのクオリティが一番おすすめです。

 なにより魅せ方がすごい。「VRを流行らせよう!!」という意思が伝わるほど、工夫が詰まっていて勉強になります。(プレゼンとかの)


 そして壮大なLED空間で一世を風靡したDMM.planetsでおなじみ、DMM.comでもVR動画を配信しています。
基本的には有料なのですが、R18と普通(?)の無料お試しVR動画があったので、両方体験してみました。

DMM動画VR

専用のアプリが必要なのと、もちろん会員登録が必要でした。
まずは普通の。
f:id:jp-zacky:20161214022421p:plain
  

すげぇの。
  

目の前で女の子がサラダ食ってんの。
  

  

そんでもって R18VR動画の感想はというと...

     

  

見せられないクオリティでした。(良い意味で)
     

察して。みんな、察して。
たぶん有料のはもっとすごいんだろうなーって感じ。
 でもコンビニで売ってるDMMカード、2000円からって....(動画2本分くらい)


ちなみに、時を駆ける最先端技術VRでムフフなの見てたら
さすがに女子にドン引きされちゃうと思うんですよ。
(ぼく、しってるよ。)

  
   だから専用アプリにはこんな工夫が。
f:id:jp-zacky:20161214023446p:plain
自分でパスワード設定できるのだ。
お心遣い、感動いたしました。


 簡易VRコンテンツ開発(Unity)も普通のVR開発となんら変わりは無さそうなんで、ちゃちゃっと作れそう。
時間があるときに作ってみようかな。

とりあえず、女の子のモデル募集中です。

  

おわり。